会社案内

“良い製品で社会に貢献する”の社是の下、品質・コスト・納期等それぞれで顧客満足度を上げることを実践していく。
乗用車のオートマチックトランスミッション部品、二輪車用部品の生産を進める中で旋削、ブローチ、タッピング、高周波焼入れ、研磨、表面処理等の多工程の一貫加工を拡大し、お客様に安心して使っていただける製品をお届けする。品質重視を図り、全工程での品質精度の向上を常に実現していく。
安全で省エネ体質の会社にすべく、不良を作らず、廃棄物を出さず、エネルギーの最適利用を目指す。

本社工場
本社工場
遠藤工場
遠藤工場

会社概要

社名
大船熱錬 株式会社
役員
代表取締役社長 荒巻 健太郎
取締役 荒巻 昌平
所在地
【本社工場】

〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤2004-20
TEL:0466-88-5021
FAX:0466-88-3429

【遠藤工場】
〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤2005-15
TEL:0466-88-1292

営業品目
自動車部品等の機械加工及び熱処理

1、AT車用ローラークラッチ外輪製作

2、二輪車用スプラグ・カムクラッチ外輪製作

3、その他

資本金
5000万円 決算期6月

設立年月日
1942年 4月

従業員
65名

主要取引先
【主要納入先】

NSKワーナー 株式会社

沿革

1942年(昭和17年)
4月 鎌倉市大船に大船電気熱錬工業所を創立

1953年(昭和28年)
6月 大船電気熱錬株式会社設立

1961年(昭和36年)
6月 連続球状化焼鈍炉を考案、設置

1969年(昭和44年)
8月 藤沢工場を建設、大型連続球状化焼鈍炉設置

1973年(昭和48年)
9月 大船熱錬株式会社に名称変更

大船工場内に機械部を設置、冶工具の加工を始める

12月 藤沢工場に雰囲気連続焼入焼戻炉を新設

1981年(昭和56年)
4月 大船工場機械部にAT部品内輪加工用単能機ラインを設置

1983年(昭和58年)
4月 遠藤工場を建設、機械部を移転

1984年(昭和59年)
8月 遠藤工場に二輪車用スターター部品のラインを設置

1989年(平成1年)
6月 遠藤工場にAT部品 外輪生産ライン増設

2001年(平成13年)
4月 藤沢工場に型焼入(プレスクエンチ)ラインを新設する

2004年(平成16年)
1月 遠藤第二工場新設

2006年(平成18年)
5月 ISO9001 認証取得

2008年(平成20年)
8月 エコアクション21 認証取得

大船熱練電話番号

メールお問い合せ

メールお問い合せ

ISO

リクルート

ページ上部へ戻る